茨城県のセクキャバ。私の風俗体験談です。

  • 2013年10月17日

茨城県でビジネスのついでに、水戸で、セクキャバへ行ってまいりました。薄暗い店内。これがセクキャバの基本ですね。ソープランドなど考えると、闇に女の子が誤魔化されているではありませんか。大体とどんな女の子が私の側にいるのか判りますけどね。何か非常に重量感もある女の子なのです。女の子と呼ぶには、ちょっと年が上という感じもします。私は私で、あまり自己主張も出来ない男性ですからね。何かやたら無造作な態度でいるこの女の子にちょっと不快感示したいもののなかなかそれが出来ないで、愛想良くしている私です。何か捉えられた小鳥という感じもしないではありません。セクキャバなんてあたり外れもかなり大きいようですね。そして、音楽と共に暗い店内が更に暗くなるではありませんか。もう女の子の顔なんてどうでもいいですね。ただまだまだ熱っ苦しい重量感だけは闇に残っているのです。女の子が私の膝の上にこれから乗ろうとしている訳ではありませんか。

 

もっと読む